アルファクス社製LD検査分類機


画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

高品質、高精度、高速安定性を備えたLD Chip検査分類機

  • 世界中のユーザーに認められた業界標準機です。
  • チップ状態のLDをエキスパンドシートで供給し、自動でローディングを実行。測定から分類まで高速測定を全自動で行ないます。
  • 測定項目は、I-L、FFP、λ特性を標準として、各種特殊測定(高周波重畳、バック光測定など)にも対応します。
  • LDチップの有無・位置を機構部のチップ停止位置(最大8カ所)においてカメラで監視・補正します。
  • +25~90℃の範囲で、高温/常温(2種類)の温度条件測定が可能です。
  • 対応品種および温度設定はタッチパネルで変更可能です。
  • メンテナンス用カメラ搭載で保守作業も簡単に、リファレンス用LDで装置の異常を簡単に検知できます。